クオリティ/セキュリティ

お客さまに「信頼」と「安全と安心」を提供できる企業を目指して

クオリティ/セキュリティ概念図

クオリティ

プロジェクト管理

受注前の商談時点からプロジェクトの活動中及びプロジェクト終結まで全社共通の一貫したプロジェクト管理を実施しています。プロジェクト・マネジャーの判断と事実を重視しながら、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)による監視を行い、プロジェクトが目標を達成できるように組織的に推進しています。

プロセス管理

正しい製品は正しいプロセスから生まれます。全社の共通ガイドラインによりプロセスが定義され、さらにガイドラインに基づいてビジネスのノウハウを反映した品質マネジメントシステムを構築しています。管理体制、手順と基準、工程ごとのレビューを通じて品質向上に取り組んでいます。

プロダクト管理

要件定義書や設計書に照らして、システムが正しく作られているかを検証、さらにお客さまの稼働環境や処理量に対して適正に動作するか妥当性を確認し、品質に対するお客さまの要件に的確に応えます。また、チケットによる作業管理、テストの自動化と集計など、ITを活用して効率的・効果的な製品開発を行うとともに、品質メトリクスによる定量的な品質管理の取り組みを行っています。

情報セキュリティ管理

キヤノンソフトウェアの情報セキュリティ体制は、ISMS、PMSの両マネジメントシステムを運用しており、情報セキュリティ推進部会でレビューする形で全社的な取り組みとして定着しています。マネジメントシステムの実施とその継続的改善と個人情報の安全かつ適切な取り扱いに努めています。

知的財産の取り組み

キヤノンソフトウェアでは、知的財産活動は事業展開を支援する重要な活動であるという認識の下、事業に関連する技術領域での特許出願活動を積極的に進めるとともに、ソフトウェアの開発においては第三者特許調査の徹底にも取り組んでいます。

ISO/IEC27001:2013 認証取得

登録範囲はこちら(「ISMS適合性評価制度」参照)をご覧ください。

このページのトップへ